歯科医師が教える歯の健康のための【歯のコラム】

世界のトップレベルの最先端の技術と
知識を学び、患者様のお役に立ちたい

今すぐツブツブ入りの歯磨き粉を捨てるべき理由

歯科医師が教える歯の健康のための【歯のコラム】

2018.03.07
普段なにげなく使っているツブツブ入りの歯磨き粉。実は非常に危険な粒子が使用されているということは、ご存知でしょうか? 今、世界ではツブツブの材料となっている「マイクロビーズ」を含んだ製品は、完全に姿を消すと言われています。では、なぜ「マイクロビーズ」を含んだ製品を使うべきではないのか、なぜ危険なのかということをしっかりと解説していきましょう。

マイクロビーズは環境汚染の元凶

マイクロビーズは環境汚染の元凶

ツブツブ入りの歯磨き粉は、歯と歯の隙間や歯の表面にある溝にツブツブが届くことで、歯石を駆け出す効果があると言われています。他にもツブツブ入りの歯磨き粉は、歯茎をかすかにマッサージされているような心地よさと、磨いた後の爽快感で使用を続けているという方もいるかもしれません。このツブツブの正体というのは、「プラスチックマイクロビーズ」略して「マイクロビーズ」と呼ばれているものですが、これが研磨剤となり歯石や歯垢を掻き出してくれると言われています。しかし、その「マイクロビーズ」は、家庭の下水を通って川や海に流れ出します。あまりにも細かいために、下水処理施設のフィルターには引っ掛かりません。そして、川や海に流れ出した「マイクロビーズ」を魚が餌と勘違いをして食べてしまいます。この「マイクロビーズ」の表面は、殺虫剤などの化学物質がとても馴染みやすいのです。ですから、このマイクロビーズを食べた魚を食べてしまうと、当然体に悪影響を及ぼしてしまうことになるのです。

マイクロビーズ入りの歯磨き粉が「歯」に及ぼす影響

環境汚染はもちろんのこと、日本国内の歯科医院から、マイクロビーズの健康被害に関する報告が届いています。それは、マイクロビーズがインプラントの周りに付着したり、歯肉の中に入り込んでしまうというようなことです。マイクロビーズは、歯周ポケットやインプラントの周りに付着しやすく、歯肉に入り込むと炎症を引き起こしてしまいます。インプラントをしている方だけではなく、被せものや健康な歯と歯茎の間からも大量にマイクロビーズが出てくることがあるそうです。歯の調子が悪いと思っていたら、「マイクロビーズ」が原因だったというようなこともあるようです。炎症を起こしたまま放置してしまえば、どんどん歯の状態は悪化してしまいます。そういったことから、「マイクロビーズ」を使った製品は、禁止になっていく流れとなっています。

歯磨き粉だけじゃなく洗顔料も危険

歯磨き粉だけじゃなく洗顔料も危険

「マイクロビーズ」を使用している製品は、歯磨き粉だけではありません。洗顔料やボディソープなどにも使われていますが、洗顔料に関しては、眼に入れば眼球を傷つけてしまう恐れがあります。アメリカではすでに「マイクロビーズ」の危険性が認められ、販売禁止とすることが表明されています。しかし、日本ではまだ規制がされていないために、スーパーや薬局、コンビニに行けば目につく状況にあるでしょう。しかし、今すぐに「マイクロビーズ」入りの製品は捨てて、他のものを使用していく必要があると言えます。

マイクロビーズ入りの製品を避けるためには

これから日本でもアメリカのように「マイクロビーズ」が規制されれば、商品が世に出回ることはなくなってきますが、現在の状況ですと、自分自身で気を付けるしか対処する方法はありません。気を付けるべきことは、スクラブやツブツブの効果を前面に押し出している商品や、成分表示に「ポリエチレン」、「ポリエチレン末」、「ポリブロビレン」というような文字が書かれていれば、「マイクロビーズ」である可能性は大ですのでそういった製品を避ける必要があります。CMなどのイメージに惑わされず、消費者が自らの意思で避けていくことで、企業にも安全性の高い製品しか売れないということが伝わっていくでしょう。

他にもある!歯磨き粉に含まれている危険な成分

市販されている歯磨き粉の中には、マイクロビーズの他にも人体に悪影響を及ぼす危険な成分が含まれているものがあります。なぜ、そのような歯磨き粉が販売されているのかと言えば、多くのメーカーが歯磨き後の爽快感を重視するあまり、安全性が軽視されてしまっているからなのです。また、歯磨き粉が体内に吸収されないというのは間違った認識で、口の中ほど効率的に吸収される場所はないために、歯磨き粉に含まれた危険な成分は喉からではなく口の中の粘膜により直接血液へと運ばれていきます。その危険な成分というのは、「ラウリル硫酸ナトリウム」や「サッカリンナトリウム」、「安息香酸ナトリウム」、「フッ素」、「プロピレングリコール」などです。安全な歯磨き粉を使うことは、歯と体の健康を守ることにつながります。特に妊娠中の歯周病のケアにおいては自分だけでなく赤ちゃんにまで影響を与えます。歯を健康に保ち、リスクを減らすためには、赤ちゃんに危険な成分を与えないような歯磨き粉を選ぶ必要があります。しかし歯磨き粉を選ぶ際に、安産性の高い歯磨き粉は値段が高いというようなことが多く見られるかもしれません。しかし、体を大切にするためには、歯磨き粉の成分にも意識を向けることがとても重要です。また、どの歯磨き粉を選べばいいのかわからないというような方は、歯医者さんに相談をすることをおすすめします。

ご予約・お問い合わせReservation

TOP