歯科医師が教える歯の健康のための【歯のコラム】

世界のトップレベルの最先端の技術と
知識を学び、患者様のお役に立ちたい

顎関節症は自然に治る?放置する危険性は?

歯科医師が教える歯の健康のための【歯のコラム】

2018.09.15

口を開け閉めしたときに顎の関節がギシギシいったりカクンとなったりする症状のことを、顎関節症(がくかんせつしょう)といい、大抵は自然に治るでしょう。

そのため「顎関節症は大したことがない病気」と考えている人もいますが、それは正しい認識とはいえないでしょう。

もし自然に治らないタイプの顎関節症だったら、放置すると顎の形が変形し、最悪、顎の骨を削る大きな手術が必要になるかもしれません。

そこまで悪化しなくても、顎の骨の音を鳴らすことが癖になってしまったり、精神的なストレスを抱えることもあります。

自分で「痛みがないから大丈夫だろう」と判断するのではなく、顎に支障が生じたら例えそれが軽くても一度安岡デンタルで診てもらったほうがいいでしょう。

顎変形症という恐い病気が隠れているかもしれないからです。

顎関節症とは。どのような症状があるのか

顎関節症とは。どのような症状があるのか

顎関節症は顎の動きに支障が出る病気です。 歯医者の診断基準は次のとおりです。

・口を大きく開け閉めしたときの痛み
・顎の筋肉の痛み
・顎の関節の雑音
・口を2.5センチ以上開けられない
・発熱
・安静にしているときにも痛む

この条件のすべてに合致しなくても顎関節症と診断されることはあります。
特に「口を2.5センチ以上開けられない」という症状は重症のサインです。

歯医者が「軽症なので様子をみましょう」と言うこともある

診断の結果、歯医者が「顎関節症かもしれないが軽症なので様子を診ましょう」と言うことがあります。
この場合、治療もせず、薬も処方されません。
しかし治ったわけではないので、経過観察となります。
もし痛みが強くなったら、再び診る必要がある、ということです。

また歯科医によっては、セルフマッサージを推奨するかもしれません。

症状の軽減が期待できるマッサージを紹介します。

1:右手で首の左側の後ろを30回もむ(逆も同じように行う)
2:両手の人差し指と中指で左右のこめかみを押しながら小さな円を30回描く
3:両手の人差し指と中指で左右の顎の関節部分を押しながら小さな円を30回描く

会社員の方であれば、1~3を1セットとして、仕事を始める前と帰宅する前に2セットずつ行うとよいでしょう。
これで治ることもあります。

1と2は頭に血液を送る太い動脈を刺激して血行をよくする狙いがあります。
3は、顎関節を支えている筋肉をリラックスさせる狙いがあります。
筋肉には「筋膜」という組織が覆っていて、マッサージすることで筋膜の癒着を解きほぐすことができます。

「ぱぴぷぺぽ」発音やラジオ体操も試してみよう

また発声練習も効果があるとされています。
「ぱぴぷぺぽ」をはっきりと1分間言うだけで、顎の筋肉の緊張がほぐれます。

さらに運動不足を自覚している方であれば、毎日1回、ラジオ体操を行うのも効果が出るかもしれません。
顎の関節の不具合が、全身の骨格の変調から起きているかもしれないからです。

顎の関節円板が変形することもある

顎の関節円板が変形することもある

マッサージなどで症状が治まれば問題がありませんが、それでも症状が続いたり、または悪化したときは放置すると危険です。

軽症の顎関節症の場合、顎を「コキッ」と鳴らすことが快感になることがあります。
指の関節や首の関節をわざと鳴らす人がいますが、それと似たような感覚で顎を鳴らしていると癖になってしまいます。

この癖は顎の関節の変形を招く恐れがあります。
顎が「コキッ」といったり「カクカク」鳴るのは、下顎と上顎の連結部分にある関節円板というクッションがずれている音です。
関節円板は、ずれるたびに大きな衝撃を受けるので、次第に変形していきます。
関節円板は軟骨の一種です。

関節円板が変形を繰り返すと、元に戻らなくなることあります。
そうなるとクッションがなくなるので、下顎と上顎が直接接触して痛みが生じるのです。

また変形したままの関節円板は顎関節の動きを阻害するので、口が開けづらくなるのです。

ここまで悪化すると治療期間も長引いてしまいます。

ストレスを生むことも

顎関節は耳に近いので、顎関節症が重症化して関節音が大きくなると精神的なストレスになることもあります。

仕事や勉強に集中できない、イライラするといった変調をきたすこともあります。

顎関節症が顎変形症の前兆だったらとても危険

顎関節症が顎変形症の前兆だったらとても危険

顎関節症が恐いのは、その症状が顎変形症の前兆かもしれないからです。

顎変形症は顎の骨の形が異常だったり、上顎と下顎の大きさのバランスが崩れていたりする病気です。

出っ歯(上顎前突症)や受け口(下顎前突症)や、顔の歪み(非対称症)などが深刻な状態になると、顎変形症と診断されます。

顎変形症が悪化すると見た目が悪くなるだけでなく、噛み合わせが悪化して食べにくくなったり、発音が困難になったりします。

矯正で治らない場合、顎の骨を削る手術をすることになります。
全身麻酔下で行う大きな手術になります。

まとめ~軽症でも歯医者に診てもらいましょう

顎関節症は軽く扱われてしまいますが、実は油断できない病気です。
関節は動きを司る器官なので、ここに異常が起きるとそれまでできていた動作ができなくなります。
股関節が機能しなければ歩けなくなりますし、指の関節が動かなければ文字を書くことができません。

そして顎関節に支障が起きれば食べたり喋ったりすることができなくなります。
生活の質を著しく落とすことになります。

顎の不調は軽症でも歯科クリニックへ、が基本です。

矯正歯科について詳しくはこちら

ご予約・お問い合わせReservation

TOP