親知らずについて|江坂の歯医者・歯科なら安岡デンタルオフィス

初診ご予約・ご相談専用

06-6310-4618

治療中・再診の方専用

06-6310-4618

[診療時間] 9:30-13:00 / 14:30-18:30 日曜・祝祭日休診

お役立ちコラム

blog

2022.12.06

親知らずについて

親知らずについて

こんにちは。
本日は「親知らず」についてお話をさせていただきます。

「親知らず」の正式名称は第三大臼歯。または「智歯」「知恵歯」、歯科用語では「8番」(前から8番目の歯)とも呼ばれています。この「親知らず」と呼ばれる歯は、だいたいおおよそ10代後半〜20代前半で生えてくる事が多く、呼び名の由来は昔の日本人の平均寿命に関係している様です。ご存知でしたか?

そもそも、この呼び名になったのも、その頃の日本人の平均寿命が50歳程度で親が亡くなっている事が多く、親が知る事なく生えてくる歯であったことが、由来だとか・・・。他の説としては、乳歯が生えているところは抜けると永久歯が生え変わって出てきますが、親知らずは生え変わる事なく、いきなり生える事が由来になっているという説もあります。

菌による炎症の影響が心臓付近まで到達し、死亡することもある

実はこの「親知らず」。現在人の顎が小さくなったためにすべてが4本生えてくるわけではなく、上下左右の4本が揃わない場合もあるほか、おおむね4人に1人の割合でまったく生えてこない人もいるのです。また多くの場合、親知らずが正常に生えることは少なく、抜歯の必要があるのがほとんどです。

顎が小さくなった分、親知らずが生えるための十分なスペースがないことが多くなり、このため、横向きに生えたり、傾いて生えてきたりする場合があるあるのです。結果、歯ブラシが入りにくく、虫歯や歯肉炎になりやすいのです。最悪の場合には親知らずから入り込んだ菌による炎症の影響が心臓付近まで到達し、死亡することもあるのです。怖いですね。

早めに対処するのがおすすめ!

今現在この記事を読んでいただいている皆様の中で「親知らず」をまだ抜歯していない人もいらっしゃるかとは思いますが、たまに疲れた時などに奥歯が痛いと感じたりする事ってないでしょうか?
何らかの歯の痛みの中で親しらずが原因のことが多いのはご存知でしたか?心当たりがある方はぜひ一度歯科医院を受診してみてください。親知らずが問題を起こしている場合には、抜歯がお勧めです。年齢が上がると顎骨と歯根が癒着してくることがあり、抜歯が困難になるので、若いうちの抜歯がお勧めです。

ドライソケットが原因かも?


また、せっかく親知らずを抜いたのに強い痛みがしばらく続いてしまった人も中にはいらっしゃいませんか?
それはドライソケットが原因かもしれません。

「ドライソケット」とは簡単に言えば、主に下の歯の親不知を抜いた後に起こり、抜歯した穴が血液で覆われず骨が直接お口の中にむき出しになっている状態のことです。

通常は治癒過程においてその露出した骨の上に血餅(けっぺい)=かさぶたが出来て、歯肉がかぶさってくることで治癒していきます。しかしこの骨が直接お口の中にむき出し状態が長く続き、細菌が多い口腔内で露出した骨に細菌が感染してしまうのです。
食事の際、物が入ると直接骨に触れるために強い痛みを伴います。また抜歯したところから嫌な匂いがしてくる、お口の中で膿の味がしてきた、食事中でなくても痛みがずっと続いている等。こんな症状を感じた場合は早めに受診をしてください。

ドライソケットにならない為の対処法は、抜歯後の注意事項をきっちりまとめ守って、血餅が剥がれ過ぎてしまわないように心がけてください。うがいをしすぎない、激しい運動をしない、お風呂に長時間つからないこと。止血をしっかりすることが大切です。抜歯したてで気になっても抜歯窩を触らない。ブラシなどでも血餅は簡単に剥がれてしまいます。また喫煙者の方はできる限りおタバコは控えてください。タバコは血管の収縮作用があり、血管の収縮により出血が少なくなってしまい、血餅ができにくくなります。


健康なお口の中で、明るい笑顔で過ごせますように!

pagetop