ブログ

世界のトップレベルの最先端の技術と
知識を学び、患者様のお役に立ちたい

CTG(結合組織移植術)

ブログ

2015.01.30

image

 
こんにちは吹田市豊津町の安岡デンタルオフィス歯科助手の友附です。
 
みなさん最近歯ぐきが歯肉が下がって気になることはありませんか?
 
原因として加齢によるものだったり歯周病や歯ぎしり、強い歯磨きで歯ぐきや歯肉が健康な状態よりも下がっている
 
(退縮している)など様々です。
 
歯周病になるとなぜ歯ぐきや歯肉が退縮するのかですが、歯周病は歯の土台となる歯槽骨を溶かしてしまう病気ですが
 
歯槽骨が溶けて後退することによって、それを覆っていた歯ぐきや歯肉も一緒に後退し下がっていきます。
 
また、歯ぎしりが続くと歯が揺れている状態になり歯の骨が後退して、同様に歯ぐきや歯肉が下がっていきます。
 
力いっぱい歯茎を強くブラッシングし過ぎるとダメージを受けて、歯ぐきや歯肉が下がっていきます。
 
硬すぎる歯ブラシにも要注意です。過ぎることはよくないということです。
 
また、歯並びが原因で歯ぐきや歯肉が下がってしまうこともあります。
 
一度下がってしまった歯ぐきや歯肉は外科的処置で増やすことが出来ます。
 
CTG(結合組織移植術)という歯肉が不足している際の治療法で上あごから結合組織のみを採取し、
 
歯肉退縮を起こしている部分の上皮と骨膜との間に結合組織を移植し、歯肉を増やす方法です。
 
CTGにより、歯根面を覆う周囲の歯肉の厚みを増加させることができます。
 
 また、歯肉移植術には、FGG(遊離歯肉移植術)という方法もあります。これらの違いは、
 
FGGは結合組織と上皮組織を移植する方法でCTGは結合組織のみを移植する方法です。
 
当院ではCTG、FGGともにたくさんの症例がありますので、下がってしまった歯ぐきや歯肉でお困りのかたは
 
ご相談ください。
 
 
吹田市や豊中市、江坂駅近隣の歯医者はたくさんございますが、豊中市、吹田市、江坂近辺で歯の治療のことなら、最新技術や治療機器、滅菌など患者さんに最高の治療環境を提供する江坂駅徒歩2分の安岡デンタルオフィスへお問い合わせ下さい。

ご予約・お問い合わせReservation

お急ぎの方は
こちら

9:30-13:00 / 15:00-19:00日曜・祝祭日休診

TOP