ブログ

世界のトップレベルの最先端の技術と
知識を学び、患者様のお役に立ちたい

フッ素は危険!?は大嘘!!

ブログ

2017.02.17
こんにちは。歯科衛生士高松です。みなさん、フッ素は虫歯予防には効果的だけど危険!と耳にしたことはありませんか?「フッ素を一気に大量に飲んだりしたら中毒の可能性がある」ということです。その「一気に大量摂取」とはどのくらいかと言うと、小学校一年生の場合、歯医者さんで売られているフッ素が高濃度に含まれる歯磨き粉(950ppm)、60gのチューブを約2本摂取するくらいだそうです。フッ素が斑状歯や骨硬化症、ダウン症、骨肉腫、ADHDの原因になるということを言っている論文もあるようですがいずれも飲み水に含まれるフッ素濃度自体が非常に高い地域でのデータであったり、患者数の人数自体が少なくて実験自体に信憑性が乏しいようです。どんなものだって、摂り過ぎれば病気にだってなります。要は、「フッ素が危険」というのは「ありえないレベルの量を摂ったら危険」ということであり、水道水のフッ素濃度レベルの高くない日本においては、普段歯磨きをする、歯医者でフッ素を塗る、学校でフッ素洗口をする、というようなレベルでは危険は全くない、ということです。なので定期検診にてしっかり高濃度のフッ素を3ヶ月に1度塗布しましょう。

ご予約・お問い合わせReservation

お急ぎの方は
こちら

9:30-13:00 / 15:00-19:00日曜・祝祭日休診

TOP