江坂で前歯をインプラントに変える場合の費用は?メリットや治療期間も解説|江坂駅近くの歯科・歯医者なら安岡デンタルオフィス

初診ご予約・ご相談専用

06-6310-4618

治療中・再診の方専用

06-6310-4618

[診療時間] 9:30-13:00 / 14:30-18:30 日曜・祝祭日休診

お役立ちコラム

blog

2023.06.29

江坂で前歯をインプラントに変える場合の費用は?メリットや治療期間も解説

「江坂で前歯をインプラントに変えようと検討しているけど、どれくらいの費用がかかるか分からない」という方は多いのではないでしょうか。前歯インプラントはどの歯よりも見た目に関わるので、治療する歯科医院を慎重に選ぶ必要があります。

この記事では、江坂で前歯をインプラントに変える場合の費用について紹介します。前歯インプラントのメリットや治療期間も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

前歯インプラントにかかる費用

前歯は口元の印象を左右するため、インプラント治療によってキレイに見せたいと考えていても、どれくらいの費用がかかるかわからず決めきれない方もいるでしょう。ここでは、前歯インプラントの料金相場を詳しく説明します。

料金相場

インプラント1本あたりの料金相場は40万円前後です。前歯インプラントもほかの箇所とあまり変わりませんが、前歯は審美性を左右する部分なので、歯科医院によっては上部構造の制作費が高くなる可能性があります。また、前歯インプラントには、「一回法」「二回法(2次OPE)」といった手術方法があり、回数によって費用が変わるので注意が必要です。

安岡デンタルオフィスの料金

前歯インプラント治療を安岡デンタルオフィスで受けられる場合は、上部構造込みで1本あたり44万円で、2本とも治療する場合は88万円です。2次OPEをご希望であれば5万5,000円かかりますので、最大で93万5,000円となります。また、GBR(骨移植・骨造成)が必要な場合は、別途5万5,000円〜22万円かかります。
また、細かい料金の内訳は以下の料金表をご参照ください。

インプラント治療内容費用
埋入22万円(税込)
2次OPE5万5,000円(税込)
アパッチメント(チタン)5万5,000円(税込)
アパッチメント(ジルコニア)11万円(税込)
上部構造(メタルポンド)11万円(税込)
上部構造(ジルコニア)16万円(税込)
上部構造(オーバーデンチャー)44万円(税込)
スポーツマウスピース16万5,000円(税込)
GBR(骨移植・骨造成)(S)5万5,000円(税込) (M)11万円(税込) (L)16万5,000円(税込) (LL)22万円(税込)

前歯インプラントが高額な理由

前歯インプラントは基本ほかの歯と同じ料金ですが、奥歯よりも顎の骨が薄く高度な技術を要するため、歯科医院によっては高額になってしまう場合があります。ここでは、前歯インプラントが高額な3つの理由を詳しく解説します。

  • 前歯は歯茎が下がりやすい
  • 前歯は骨が薄い
  • 歯科医院や術者の技術によって高額になる

前歯は歯茎が下がりやすい

前歯を支える骨は薄いため、前歯インプラント治療中に骨吸収が起こりやすく歯茎が下がる場合があります。歯茎が下がってしまうと、前歯部分にインプラントを埋め込んでも歯肉退縮が起こり、金属部分が透けて見えてしまうリスクが生じてしまいます。そのため、骨吸収を起こさせないために、別の外科手術をしなければならないため、高額になりやすいのです。

前歯は骨が薄い

前歯が埋まっている部分の骨は、奥歯に比べてかなり薄くなっています。インプラント治療では、骨に穴を開けて埋め込むため、薄い骨にインプラントを埋めるのは非常に困難です。また、虫歯や歯周病の経験があると骨が溶けていることもあり、そのままの状態では治療できません。骨が薄い場合は、GBRなどの骨移植や骨造成手術を実施しなければならないため、その分治療費が高くなります。

歯科医院や術者の技術によって高額になる

前歯インプラント治療は、骨吸収の危険性があるだけでなく、薄い骨にはGBRなどの外科手術を施さなければいけません。そのため、審美性を保てるようにインプラント治療をするには、高度な技術が必要です。高い技術を持つ歯科医の場合は、治療費のほかに術者の技術料が含まれて高額になる場合があります。

前歯インプラントのメリット

前歯インプラントは、ほかの治療に比べて多くのメリットがあります。ここでは、前歯インプラントの主なメリットを4つ紹介し、ブリッジとの違いも解説します。

寿命が長い

前歯インプラントは、入れ歯やブリッジと比べて寿命が長いといわれています。入れ歯やブリッジは、強度が低く数年での作り直しが必要です。一方で、インプラントの寿命は10年程度で、きちんとした手入れをすれば、さらに寿命を伸ばせます。

審美性の高さ

インプラントは、本来の歯に近い色のセラミックを使用するため、違和感なく仕上げられます。入れ歯と違い金具部分が見えることがなく、ほかの歯との境界線もわかりにくいため、安心して過ごせるでしょう。前歯は、周囲に与える印象がもっとも強い部分なので、審美性の高さはメリットといえます。

別の歯を傷つけない

ブリッジ治療では、両サイドの歯を削らなければならず、歯の寿命を縮めてしまいます。しかし前歯インプラント治療では、インプラントを埋め込む部分のみに穴を開けて手術するので、前歯以外の別の歯を傷つけることなく手術ができます。

噛む力の強さ

入れ歯の場合は、直接顎の骨に埋め込むわけではないので力が伝わりづらいです。ブリッジでは、埋め込んだ素材の間に隙間ができてしまうため、固いものを食べるにはかなり力をいれなければいけません。しかし、インプラントは歯に直接埋め込むうえに隙間もできないため、顎の力をそのまま伝えられます。お肉やお菓子などの硬い食事でも不安なく食べられるでしょう。

ブリッジとの違い

前歯の治療では、インプラントとブリッジのどちらにしようか悩む方も多いでしょう。インプラントは、審美性や強度のほかに、別の歯を傷つけないといった多くのメリットがあります。しかし、インプラント治療には、以下4つのデメリットもあります。

  • 費用が高額
  • 外科手術が必要
  • 治療期間が長い
  • 骨が薄いと骨造成しなければ手術を受けられない

一方ブリッジ治療では、保険適用で費用を安く抑えられるうえに、歯茎の切開や骨移植などの外科手術が必要ありません。治療期間も短いため、経済的・身体的に負担が少なく済みます。しかし、インプラントに劣る面が多いので、お悩みの際はぜひ一度安岡デンタルオフィスにご相談ください。

前歯インプラントの治療期間

前歯インプラントの治療方法には、一回法と二回法の種類あり、それぞれ治療期間が異なります。一回法では3ヶ月前後、二回法では3〜6ヶ月程度かかります。二回法の場合、1回目の手術でインプラント本体が顎の骨にきちんと接合されたかを確認したうえで2回目の手術をするため、長い治療期間が必要です。

二回法の治療期間は、「埋め込み手術」「結合期間」「接合の最終手術」にわけられます。また、GBRによる骨移植や骨造成が必要な場合は、治療期間がさらに長くなる可能性があるので注意しましょう。

江坂で前歯インプラント治療は安岡デンタルオフィス

江坂で前歯インプラント治療をする場合は、歯科医院によって料金が変動します。インプラント1本あたりの料金は40万円前後ですが、前歯部分にインプラントを埋め込むのは高い技術を要するため、GBR手術費や術者の技術料が上乗せされれば、さらに高くなるでしょう。安岡デンタルオフィスならインプラント1本あたり44万円で、その他2次OPE(二回法)やGBR手術などが必要な場合は、前歯インプラント2本の総額で最大93万5000円となります。

失った歯をなるべく元の自然な感じで回復したいという方へ。世界一のスペシャリストから指導を受けたインプラント技術を持った安岡デンタルオフィスは、エリアトップクラスの実績数を誇ります。幅広い症状に対応しているので、江坂でインプラント治療を検討されているなら安岡デンタルオフィスへお気軽にご相談ください。

pagetop