ブログ

世界のトップレベルの最先端の技術と
知識を学び、患者様のお役に立ちたい

神経を取るデメリットとは

ブログ

2018.04.23
長く健康な歯を保つためには、できるだけ神経を取らない治療を行うべきです。では神経を取るとどうなるのでしょうか?(1) 歯が脆くなる歯の内部には神経の他に血液が流れていて、神経を取ると同時に血液が遮断され、血液によって歯に運ばれていた水分が補われなくなり、割れたり欠けやすくなってしまいます。 (2) 歯が変色する歯の神経を抜くと新陳代謝が無くなり、歯に古い組織が残り続けます。そのため、次第に黒っぽく変色してしまいます。 (3) 虫歯が進行しやすくなる歯の神経や血液は虫歯が進行しないように、歯を防御する働きをします。神経を抜いてしまうと、歯を固くしたり再生する力が弱まるため、虫歯が進行しやすくなります。 (4) 歯の異変に気付きにくくなる神経のある歯は、歯に問題が生じると痛みやしみるなどの症状で異常を知らせます。一方で、神経がない歯は感覚がないため、異常に気付くことができずに症状が悪化してしまいます。 (5) 噛み合わせが悪くなる神経を抜くと強度を補うために、神経を抜いた歯に被せ物をする治療を行わなくてはなりません。人工の被せ物は、自然の歯のように擦り減らないため、噛み合わせのずれに繋がってしまいます。このように神経を取ることは様々なデメリットがあります。少しでも異変を感じたら、すぐに歯医者を受診しましょう。歯科助手 神谷

ご予約・お問い合わせReservation

お急ぎの方は
こちら

9:30-13:00 / 15:00-19:30日曜・祝祭日休診

TOP