Treatment menu歯周病治療

「なるべく歯を抜かない」「痛みの少ない」 歯を長持ちさせる歯周病治療

歯周病は万病の元!?歯周病治療でこんな病気が防げる!

歯周病が進むと歯が抜け落ちてしまいますが、歯周病が歯とは全く関係ない部分の病気の原因になっていることをご存知ですか?ひと昔前までは、歯周病は単に歯の周囲組織の病気と考えられていました。でも、近年歯周病が様々な病気と関連していることが次々にわかってきたのです。

歯周病細菌は全身にも回ります

歯周病の影響はお口の中にとどまりません。歯周病は歯周病細菌が原因で起こりますが、この歯周病細菌は、歯周病によってできる歯周ポケット(歯と歯茎の間の深い溝)の中で繁殖し、そこから簡単に血管の中に入り込むことができます。

また、呼吸器の方に歯周病細菌が間違って入ってしまうこともあります。このように、歯周病細菌は体中をめぐり、至る所で悪さを起こしてしまうのです。つまり、歯周病を改善するだけで、いろいろな病気を未然に予防することができるということが言えます。

歯周病治療で防げる可能性のある病気

歯周病を予防・治療することで、次のような病気を予防することができます。

虫歯

歯周病が進行して歯茎が下がると、歯の根っこが露出します。歯の根っこ部分は、歯の頭の部分にあるような硬いエナメル質に覆われていないため弱く、虫歯ができやすいのです。

心臓疾患

歯周病細菌や歯周病細菌が作り出す炎症性物質が血管から入り込んで心臓に回り、心臓の弁や内膜に付着すると、感染性心内膜炎という病気を起こすことがあります。

また、心臓の血管の内側に取り付いて塊を作って血管を狭くしてしまったり、その塊が剥がれて血管を詰まらせると狭心症や心筋梗塞を起こします。

脳卒中

歯周病細菌やその炎症性物質が脳の血管内に取り付くと、血管を詰まらせたり、破裂させてしまうことがあります。

糖尿病

歯周病が重度になると、歯周病細菌が作り出した炎症性物質が血管から全身に回り、血糖調整に関わっているインシュリンというホルモンの働きを邪魔し、糖尿病を発症・悪化させることがわかっています。

気管支炎・肺炎

間違って気管の方に入ってしまった唾液に含まれる歯周病細菌が、気管や肺で炎症を起こしてしまうことがあります。

低体重児出産・早産

妊娠中の女性は、女性ホルモンの影響で歯周病にかかりやすい状態になります。歯周病がひどくなった状態を放っておくと、歯周病細菌が血管に入り込んで胎盤に取り付き、低体重児出産や早産を引き起こすことがあります。

アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症の患者さんの脳内から歯周病細菌が発見されています。また、歯周病細菌がアルツハイマーを引き起こす特殊なタンパク質を増やすということもわかっています。このことから歯周病とアルツハイマー型認知症との強い関連が疑われています。

根本的歯周治療で万病の元、歯周病細菌を減らすことができます

根本的歯周治療前と治療後の顕微鏡画像

歯周病にかかると、全身の病気のリスクも大きく上がります。そのため、歯周病を積極的に予防したり、歯周病の治療を行って歯周病を改善することは、このような全身の病気を防ぐのにとても有効な手段だと言えます。

しかし、従来の保険での歯周病治療の場合、歯石取りが主な治療になります。歯石を取れば、一時的に歯周病の状態は改善しますが、歯周病細菌をやっつけることはできないので、またいずれ歯石が溜まると歯周病が再発してしまいます。

当院では「根本的歯周治療」という新しい歯周病治療法を行なっています。これは、従来の治療法とは違った、“歯周病細菌に狙いを定めた”歯周病治療です。歯周病細菌自体が少なくなるため、歯周病の再発が起こりにくく、なおかつ全身的な病気のリスクも下げることができます。

ご予約・お問い合わせReservation

お急ぎの方は
こちら

9:30-13:00 / 15:00-19:00日曜・祝祭日休診

TOP