Treatment menu歯周病治療

「なるべく歯を抜かない」「痛みの少ない」 歯を長持ちさせる歯周病治療

若い人も安心できない?!気づきにくい歯周病の恐ろしさ

“日本人の成人の8割が歯周病”とも言われているように、日本ではほとんどの大人が歯周病にかかっていることがわかっています。そういう話はおそらく皆さんも一度は聞いたことがあると思いますが、実際には「自分はまだ大丈夫」と思っている人も多いのではないでしょうか。

ですが、歯周病というのは、気づかない間にかかって、知らない間に進行していることが多いため、若い人でも油断はできません。

歯周病の恐ろしさ

「気がついたら治療しよう」では手遅れになる可能性も!

歯医者には「何か困ったことが起きたら仕方なく行く」という方もいると思います。でも、このような方は歯周病の状態が手遅れになりやすいため、注意が必要です。歯周病には次のような特徴、恐ろしさがあります。

歯周病の特徴・恐ろしさ

自覚症状に乏しく、手遅れになりやすい

歯周病は進行していく病気で、初期は自覚症状をあまり出さないのが特徴です。多くの人が歯周病の初期症状を見逃し、悪化してから歯科医院を受診しますが、それだと治療を開始しても手遅れであることがほとんどです。

一気に歯を失う

歯周病は歯を失う原因の第一位です。虫歯で歯を失う人も多く、歯を失う原因では第二位となっています。でも、虫歯で歯を失う場合にはその歯だけ失うことが多い一方で、歯周病の場合には、歯を支える骨自体が弱ってしまうため、数本一気に歯を失うというパターンも珍しくありません。

ひどい口臭

ひどい口臭のほとんどは歯周病が原因です。悪臭の理由は、歯周病の原因菌が出すガスであるため、歯磨きをしたり、マウスウォッシュで口をゆすいでも簡単に臭いは解決しません。

体の色々な病気を引き起こす

歯を失う、強い口臭の原因になるだけでも十分に恐ろしい歯周病ですが、実はもっと怖いこととして、体の様々な病気を引き起こすことが挙げられます。歯周病菌の毒素が身体中に回り、命に関わるような病気の原因になっていることがわかってきたのです。

歯周病の恐ろしさ

こんな症状があったら要注意!セルフチェックをしてみましょう。

  • □ 歯磨きをすると歯茎から出血する
  • □ 歯茎がむずがゆい感じがする
  • □ 歯茎の色が赤い
  • □ 歯茎が腫れている
  • □ 歯茎が下がって歯が長くなってきた
  • □ 冷たいものがしみやすくなってきた
  • □ 食べ物が挟まりやすくなってきた
  • □ 口臭が気になる
  • □ 歯が動くようになってきた
  • □ 噛むと痛い

当てはまる項目が多いほど、歯周病の可能性が高いです。早めに対処するほど治療効果も高いので、早めに受診しましょう。

タバコを吸う方は要注意!

喫煙者の場合、上の特徴が当てはまらないことが多いため、注意が必要です。タバコを吸うと、歯茎の血流が悪くなって、歯周病にかかっていても出血しにくかったり、歯茎が赤く腫れないことが多く、サインがわかりにくくなるのです。そのため、喫煙者の方は特に手遅れになりやすいので十分に注意しましょう。

歯周病の原因

歳をとるにつれて歯周病を自覚する人が多くなるため、歯周病の原因は加齢だと思われがちですが、実は若い頃からの生活習慣、食習慣が原因になっていることがほとんどです。そういう意味では、歯周病は一種の生活習慣病であると言えるでしょう。

歯周病の直接の原因は歯周病細菌

歯周病を引き起こす直接の原因は歯周病細菌です。ですが、歯周病細菌が口の中にあるからといって必ずしも歯周病を発症するわけではありません。

歯磨きが行き届いていない、食べ物をだらだらと食べる習慣がある、という場合、歯・歯茎の周囲に歯垢がたまり、その中に大量に含まれる歯周病細菌により歯周病が発症します。

歯周病の悪化を促進するものを知っておくことも大事

歯周病の悪化を促進するものを知っておくことも大事

  • 喫煙
  • 歯石
  • 糖尿病
  • 歯並び、かみ合わせが悪い
  • 歯ぎしり、食いしばり
  • 妊娠
  • 被せ物
  • ストレス

歯周病の治療

歯周病の治療法には次のようなものがあります。

ブラッシング指導・生活指導(保険適用)

歯磨きをしているのに歯周病にかかってしまうという場合、歯磨きの仕方に問題がある可能性が高いです。歯磨きを正しく行えるようになるだけで歯茎の状態が改善することが多いため、正しい磨き方を身につけていただきます。

また、歯周病になりにくい食生活についてもアドバイスしていきます。

歯垢・歯石除去

歯の周囲に溜まった歯周病の原因となる歯垢や歯石(歯垢が硬くなったもの)を取り除きます。しっかり歯磨きができていても歯垢や歯石は蓄積するため、定期的に行う必要があります。(保険適用)

また、予防効果を高めるために、PMTCという徹底的に隅々まで行うクリーニングもオススメです。(保険適用外)

歯周外科(保険適用)

歯周病が重度になるにつれ、歯茎の溝(歯周ポケット)が深くなり、そこに細菌が繁殖しやすくなるため、歯茎を切除して歯周ポケットを浅くする手術を行うこともあります。

根本的歯周治療(保険適用外)

新しい歯周病治療として当院で行なっているのが根本的歯周治療です。これは、歯周病細菌そのものを減らしていく根本的な治療法で、歯周病が再発しにくい、痛みが少ないというような数々のメリットがあります。

ご予約・お問い合わせReservation

TOP