Treatment menu審美歯科

当院の審美歯科は「美」で笑顔が変わる、人生が変わる

見た目の美しさが違う!高品質の歯科材料を使用

安岡デンタルオフィスでは患者様に適した技工物をご提供するために歯科技工所に製作を依頼しています。

補綴物は歯の上に被せる金属やセラミックのことで、噛み合わせや審美性を最終的に確定する処置になります。補綴物は技工士さんが時間をかけて作製するものですが、使用材料や技術力により精度や審美性に大きな差が生じます。安岡デンタルオフィスでは、適した材料を選択し、技術的に信頼のおける技工士に依頼し、その品質向上に勤めております。

歯科医の治療技術と歯科技工士の技工技術が一体となって、はじめて「良い治療」が成立するのです。

ラミネートべニア

形や色が気になる前歯の表面を0.5mmほど削り、そこに薄いセラミックのシェルを貼り付けて歯を整えていくラミネートべニア。

インプラント治療+オールセラミック

インプラント治療とオールセラミックを用いた一症例です。

シェードテイキング(色調合わせ)
オールセラミッククラウン

ジルコニア・フレームによるオールセラミッククラウンの作製においては金属をまったく使用しませんので、金属アレルギーをお持ちの方の口腔内にも安心して装着することができます。

歯科技工士紹介

プローバ デンタルワークス

メタルセラミックス・ジルコニア・インプラント等を担当させていただきます。

Keiichiro Maeda

歯科技工士

前田 啓一郎

皆様こんにちは。プローバ デンタルワークス代表の歯科技工士 前田啓一郎と申します。
安岡デンタルオフィスさんのインプラント技工・ジルコニアオールセラミックス・メタルセラミックスなど、主に自費診療部門の技工を担当させていただいております。
皆様は、歯科技工士という職業をご存知でしょうか?
歯科医療は、歯科医師・歯科衛生士・歯科助手・歯科技工士によるチームワークにて行われます。その中で歯科技工士は実際に患者様お口の中に入る『新しい歯(技工物)』の製作を担当します。単純に『歯』をつくると言いましても歯というものは、色調や形態・噛み合わせなど、一人一人まったく違い完全にオーダーメイドということになります。特に自費診療の場合、見た目の美しさ(審美性)も高いレベルで要求されます。そのため適した材料をセレクトし患者様のご希望にそえる技工物を製作する知識と技術+経験が必要となります。
時にはチェアーサイドへ出向き患者様と直接お話合いやシェードテイキング(色調合わせ)を行います。
そうやって丁寧につくられた『新しい歯』が患者様のお口の中にセットされ、鏡をみて笑顔になられたとき、私たちは歯科技工士として責任を果たせた安堵と喜びを感じます。
歯科技工士とは患者様の笑顔をつくる仕事であり、笑顔こそが私たちのゴールなのです。

[略歴]
1991年 新大阪歯科技工士専門学校卒業 
1995年 JIADS技工コース修了
2003年 新大阪歯科技工士専門学校非常勤講師就任
2010年 プローバ デンタルワークスを設立

[所属団体]
新大阪歯科技工士専門学校非常勤講師
大阪SJCD会員
JIADSクラブ会員

ご予約・お問い合わせReservation

TOP