Treatment menuレーザー治療

歯科におけるレーザー治療

レーザー治療

当院では、痛みや不快感のない治療を追及するため、最先端の設備や技術を導入しております。
Er:YAGレーザー(エルビウムヤグレーザー)と、炭酸ガス(CO2)レーザーの2つのレーザーを導入しております。
このレーザーは副作用がなく、妊娠中の方、高血圧の方、薬を服用中の方、小さなお子様も安心して治療を受けられます。

治療中の痛みがほとんどなく、副作用もない

レーザー治療は、ほとんどの治療が麻酔なしでできるほど、痛みを最小限に抑えることができます。
ドリルで歯を削るのとは異なり、摩擦による熱が発生しないため、神経の炎症を誘発せず、治療中の痛みがほとんどありません。
また、ドリルよりも細かく切削できるので、削った面が滑らかに仕上がり、詰め物・被せ物の適合も高くなり、より長持ちする治療を行うことができます。

「キーン」や「ガリガリ」という音が少ない

レーザー治療は、音も振動もきわめて少ない治療方法です。

ドリルでは、物理的に削っていたので振動は避けることができませんがレーザーはレーザー光で組織を蒸発させていくので基本的には振動はありません。
ドリルが回転する「キーン」や「ガリガリ」といった振動音もなく、ストレスの少ない治療が受けられます。

高い殺菌・洗浄効果で細菌を排除 口臭予防

レーザーは殺菌効果や洗浄効果も優れているため、歯周病や根管治療・口臭予防においても効果があります。

レーザーによって狭い根管内を根こそぎ洗浄し、さらに殺菌も行える為、細菌の取り残しや感染拡大のリスクを防止と共に、処置後の早い治癒も期待できます。

レーザーを使用する治療例

歯石の除去
(歯周病治療)
歯槽膿漏など歯ぐきの病気の原因となる、歯と歯ぐきの間に付着している歯石や細菌を除去し、歯ぐきの病気の予防と治療をします。
レーザー治療時の痛みや出血はほとんどありません。
歯槽膿漏レーザー光を照射することにより、歯肉の内面をきれいにし、歯周病細菌を死滅させます。
親不知の歯肉の
切開や切除
従来までは、麻酔を行い、金属製のメスで切開していたものが、麻酔を使用せずに切開できることもあります。また、麻酔を用いて切開した場合でも、切開した時に出血を伴わない為、縫合の必要性がなく、また、麻酔が切れた後の痛みが出にくいことや、傷が治るまでの期間が非常に短くなります。
知覚過敏従来までは、薬を塗るか、レジンとよばれるプラスチックを沁みる部分に貼り付けることしかできませんでしたが、レーザー治療をすることで、歯の表面に薄い膜ができて孔(あな)をふさぎ、歯の神経を保護する事で、痛みや歯がしみることを防ぐことができます。
歯ぐきの
黒ずみ
喫煙などによって、メラニン色素が沈着し歯ぐきが黒くなることがあります。

従来までは、アルコールフェノールという薬剤を用いて、歯肉表面を剥ぐという治療方法で術後の痛みが非常に強く、一度ご経験をされた方は二度とやりたくないと思われる治療方法でしたが、レーザーを用いると、ごく少量の麻酔で行えることと、術後の痛みが非常に少ないことがメリットです。

レーザーを照射し、上皮を蒸散することによって、新しい上皮を再生し、きれいなピンク色の歯ぐきにすることが出来ます。
数回のレーザー照射できれいな、ピンク色の歯ぐきに生まれ変わります。
口内炎・
義歯の接触痛
従来までは、軟膏を塗布し自然に治癒することを待つしかなかったことが、レーザーを用いることで、その場で殺菌を行うことができ、同時に膜を作ることができます。 そのことにより、外的な刺激が遮断されますので、すぐに楽になります。
入れ歯があたってできる潰瘍(かいよう)にも効果があります。
歯周病歯周病は歯茎から血が出たり口臭がひどくなったりして、そのまま放っておくと歯が抜けてしまうことだってあります。こんなときもレーザーは活躍します。
歯と歯茎の間の溝にレーザーを当てて歯周病菌をやっつけます。レーザーをあてることで歯周病の原因となっている細菌が急激に減り、膿が自然に出て、出血や痛みがおさまり、治りを早くします。ブラッシング指導・歯石除去ほかの歯周病治療との併行してレーザー治療を行います。
歯質の改善最近の歯科では、予防が重視されています。健康な歯にレーザーを照射すると、酸に対して強くなり、虫歯になりにくくなります。但し、レーザーの効果は永久的なものではありませんので、来院者の皆様の協力が必要となりますし、定期的なレーザー照射を必要とします。
インプラント外科手術の後にレーザーを照射することにより、治癒期間が短縮されます。また、インプラントの周囲に炎症が起ってきた場合にもレーザーで殺菌することが可能ですのでより長期間にわたり、インプラントを維持することが可能となります。
などなどレーザーを使った治療は
多岐にわたります。

当院の取扱いマシン

エルビウムヤグレーザー

極めて水への吸収が高いため発熱が少ない為、表面が黒く焦げるなど周囲の組織への影響がほとんどなく、安全性の高く痛みの少ないのが特徴です

炭酸ガス(CO2)レーザー

Er:YAGレーザー(エルビウムヤグレーザー)とは違い、歯を削ることはできませんが、歯茎や粘膜の治療で行われる歯茎の切開では、止血作用に優れ、治療部位がしっかりと確認でき、正確な治療が期待できます。
歯周病や口内炎をはじめとする軟組織の施術に用いられます。レーザー光線を照射する部位は麻酔が少量ですみ、術後の痛みも少なく、炎症部や傷部の治癒が促進されます。

ご予約・お問い合わせReservation

TOP