インビザライン

世界のトップレベルの最先端の技術と
知識を学び、患者様のお役に立ちたい

インビザライン4

2012.12.21

こんにちは!

歯科衛生士高松です♪

もう矯正にもかなり慣れて今は動いているところにものが挟まって仕方がありません(><)

今日は奥歯しか噛んでいない噛み合わせ(開咬)について書きます!

開咬は前歯でものが噛めなかったり、かちっと噛んでいる状態でも上と下の前歯にスペースがある状態です

すると、前歯は機能することなく奥歯ばかり噛むことになるので奥歯ばかりが虫歯になったり、欠けたりしてしまいます。

それだけでなく、気管にも影響がでる場合があります。

唇を閉じている状態でも無意識のうちに唇がひらいてお口の中が乾燥するだけでなく、のどが乾燥したり直に気管に細菌たちが到達し、気管、食道あたりの病気によくなったりとゆうこともありえます。

少しでもこころあたりのある方は矯正治療をおすすめしますが矯正治療だけでなくマウスピースをいれたりする方法もあるのでぜひ、ご相談ください!

インビザラインにご興味のある方はこちら

ご予約・お問い合わせReservation

TOP