歯科医師が教える歯の健康のための【歯のコラム】

世界のトップレベルの最先端の技術と
知識を学び、患者様のお役に立ちたい

セラミックインレーを選びたくなるメリットとは?

歯科医師が教える歯の健康のための【歯のコラム】

2018.03.01
「セラミックインレー」という言葉をご存知でしょうか?「インレー」は、歯の詰め物のことを指します。ですから、セラミックインレーは、詰め物(インレー)がセラミックでできているもののことをいいます。一般的な「銀歯」は銀のインレーということになりますね。あまり聞きなれない言葉かもしれなせんが、今回はこのセラミックインレーについて安岡デンタルがお話いたします。

銀歯にしない治療法

銀歯にしない治療法

今までの歯科治療で、歯の詰め物というと銀歯が主流でした。これは、金属の強度の高さと費用(保険診療が可能)が安いという理由からかもしれません。しかし、最近では、セラミック製のインレーでも強度が高くなったことにより、適応できる症例が多くなってきました。金属はどうしても目立ってしまうので、抵抗があるという方には特にオススメです。接客業の方や、人前で話すことが多い方は見た目が気になるものでしょう。せっかく虫歯を治療したのに、銀歯になってしまうことを考えると虫歯を治療することさえも躊躇してしまう…という悩みも解決できますね!

抜群の審美性!

セラミックインレーの一番のメリットは、やはり、審美性が高いことでしょう。歯の色によく馴染むようなきれいな白い歯に仕上げることができます。「白くなる」と言ってもセメントように不自然な色味になってしまっては、治療した部分だけ目立ってしまいますね。しかし、セラミックインレーは透明感のある白い素材を使用しているので、詰め物をしていることは気づかれないといってもいいでしょう。

虫歯予防も

虫歯予防も

虫歯の治療をして銀歯にしたのに、また同じ歯が虫歯になった…なんて経験はないでしょうか?金属を使用した場合、このようなことが起こることも珍しくありません。その点、セラミックインレーなら、虫歯になりにくいと言えます。セラミックインレーの表面は滑らかでつるつるしているので歯石や汚れがつきにくいだけでなく、歯磨きもしやすいため、清潔な状態を保つことができます。また、セラミックインレーの詰め物は接着剤で歯としっかりくっつけます。そのため、隙間から虫歯になっていくということはなく、セラミックも詰め物自体も劣化することはありません。

歯医者さんに相談

奥歯にセラミックインレーを使用すると、金属に比べて欠けやすいというリスクがあります。奥歯などは、自分が思っている以上に大きな力がかかります。強く歯ぎしりをしてしまう癖がある場合は、歯医者さんに相談してみましょう。

ご予約・お問い合わせReservation

TOP