ブログ

世界のトップレベルの最先端の技術と
知識を学び、患者様のお役に立ちたい

審美歯科治療のデメリット

ブログ

2021.03.02

審美歯科のデメリットは、やはり費用面の問題です。

治療によっては「自由診療扱い」となるため、保険診療と比較すると、どうしても治療費が高額になります。
当院ではカードでのお支払い、デンタルローン等もご用意しておりますので、月々の支払額を抑えながら治療を進めることが出来ます。

また自由診療の場合、医院によって料金も大きく異なりますので、ある程度ご自身で調べる必要もございます。
例えば、インプラントという人口の歯を入れる治療がありますが、こちらは、一本あたり約30〜50万円と言われております。
他にもセラミックや金の詰め物、被せ物をした場合、実費負担となってしまうので、負担額が非常に大きくなります。

加えて、さすがに一回の治療では完璧には終わりません。
例えば、ホワイトニングの治療ですが、1回の施術で一旦歯は白くなりますが、放っておくと数カ月で色が落ちてきてしまいます。
なので、白い歯を維持するためには、タッチアップホワイトニングを行う必要があります。
定期的に通う必要がありますので、ある程度長期的なスパンで治療計画を立てる必要があります。

そして審美治療は、矯正治療と違い、あくまで美しく見せることが目的のため、歯並びが悪い、歯の生え方が悪いといった根本的な原因を改善することは難しいです。
もし、顎を含めて口内の環境を整えたいという場合は、矯正治療をすることをお薦めいたします。

審美歯科治療のメリット

下記記事をご確認ください

ご予約・お問い合わせReservation

お急ぎの方は
こちら

9:30-13:00 / 15:00-19:00日曜・祝祭日休診

TOP