ブログ

世界のトップレベルの最先端の技術と
知識を学び、患者様のお役に立ちたい

矯正治療はじめました

ブログ

2020.02.04

こんにちは!管理栄養士の白國です。
私事ですが、年明けから矯正治療をはじめました。今日で矯正装置をつけてからちょうど1週間が経ちましたので、個人的な感想や私生活で変わったことなどを日記から抜粋してお話し出来たらなと思います☺️
※あくまでも私個人の体験です。個人差がありますので、詳しくは先生にご相談ください。

◎ワイヤー装着初日
・とにかく違和感、装置の分だけ歯が大きくなったような感じで唇がきちんと閉じない。話すたびに八重歯のところに唇が引っかかって痛いのでワックス(ブラケットを保護する蝋のようなもの)をつける。
・噛むと痛いので噛めない(何もしていないときは痛くないのですが以降本日に至るまで噛めていないです)

◎2〜3日目
・口内炎だらけ。頬粘膜が装置の形に跡が残っておもしろいです。
日中は口内炎ができている部分のブラケット全てにワックスをはって傷口が悪化しないようにして、夜はパッチタイプの市販の口内炎の薬をつけて寝る。ビタミンB群を多く含むサプリメントやゼリー飲料を積極的に摂る。なるべく口腔内を清潔に保つべくエピオスうがいをする。とにかく口内炎がつらいので本気で治します。

◎3〜4日目
・粘膜が強くなったのか薬やビタミンが効いたのか分からないけれど口内炎が落ち着いてきました。まだワックスは手放せません
・すでに歯が揺れだしている

◎5〜7日目
・口内炎治りました!6日目はワックスつけ忘れたけれどひっかかりや痛みが気にならないのでこのまま。
・日曜日は吹奏楽団体の練習があり、装置をつけてから初めて楽器(クラリネット)を吹きました。装置そのものには慣れたもののやっぱり唇が閉じにくいことに変わりはないので息漏れが多くて吹きにくい。吹いているうちに慣れたがアンブシュア安定しないので回数こなすしかないなという感じ。下唇は痛くて初めてクラリネットを吹いた日のことを思い出しました。

◎総括
・装置の違和感、口内炎のMAXは1週間
・肉魚野菜が食べにくく炭水化物と脂質に偏る。
→ほとんど丸飲みか舌でつぶせるものを食べているので、今後は茹でるとやわらかくなる野菜を細かく切って混ぜるか(量が絶対的に足りてないので噛めるようになるまでは無糖の野菜ジュースも1食入れる)魚はほぐして混ぜるなどして食べる。お肉食べたいので食べ方考えます…たんぱく質欠かしたくないので大豆製品、乳製品等々活用する。
以上私の体験談でした☺️!

もし管楽器をしている/これから始めようと思っているが、矯正をしたいけれど影響が気になる…という方(学生さんに多いかもしれませんね)がいらっしゃいましたら、お気軽にお声かけください!‪専攻は主にクラリネットですが、その他の木管・金管楽器のご相談も承ります!

ご予約・お問い合わせReservation

TOP