ブログ

世界のトップレベルの最先端の技術と
知識を学び、患者様のお役に立ちたい

舌苔

ブログ

2018.04.07
舌の汚れが口臭の原因になることが多いと言われています。この舌の汚れとして主なものが”舌苔”と呼ばれる舌の表面についた白い苔のようなものです。舌苔は舌の表面にある細かいヒダの間に食べ物のカスや汚れ、お口の中の剥がれた粘膜、それをエサに住み着く細菌などのかたまりが入り込んだもの。この細菌が”揮発性硫黄化合物”と呼ばれる”メチルメルカプタン、硫化水素、ジメチルサルファイドなどを放ち、生ごみや腐ったタマネギのような嫌なニオイを生み出すようです。加齢やストレス、疲れなどによりお口の中が乾燥し、唾液量が少なくなることで増えてしまうと言われています。もちろん健康な方でも全体的に白い舌苔が薄っすらとついています。しかし、舌苔が分厚く白くついている場合は、胃などの消化器官が弱っていることがあるので要注意。また舌苔が黒い場合は細菌のバランスが良くないことがあるようです。舌苔がまったくついていない場合にもミネラルや鉄分不足による栄養不良の状態になっていることがあります。さらに舌苔の量が異常に増える場合には口内炎やウイルス感染を起こしやすくなるので注意が必要です。舌苔の量が多すぎる場合はセルフケアを見合わせ、歯科医に相談することも大切です。まれに内蔵疾患などの大きな病気のサインであることもあるので普段から舌の状態をチェックする習慣をつけましょう。口臭だけでなく、口内炎やウイルス感染も起こしやすくなる舌の汚れは、正しい方法で舌磨きを行うことで取り去ることができると言われています。傷つきやすくデリケートな舌の表面を無理にこすってしまうことで傷つき、却って口臭が強くなってしまうこともあるので正しい方法で、慎重に行いましょう。受付 居村

ご予約・お問い合わせReservation

お急ぎの方は
こちら

9:30-13:00 / 15:00-19:00日曜・祝祭日休診

TOP