ブログ

世界のトップレベルの最先端の技術と
知識を学び、患者様のお役に立ちたい

鼻呼吸と口呼吸

ブログ

2017.06.02
こんにちは、歯科衛生士 音地です。鼻呼吸と口呼吸の違いをご存知ですか?鼻呼吸には、空気を吸い込んだ時に鼻腔の入り口にある鼻毛がフィルターとなって異物侵入を防ぎ、さらに鼻腔奥の繊毛組織がホコリやウイルスなど、有害なものを絡め取るという役割があります。また、鼻腔粘膜が湿度や温度を調整し、肺や気管支への刺激を少なくして、鼻腔内で外気を無視激化無毒化しています。鼻から呼吸をすることには意味があるんです。気がつくと口がポカンと開いていて、口で呼吸をする事が多い方は、これらの働きがなされずに有害物質が入り込み、咽頭部が慢性炎症を起こしたり、皮膚や内臓などの全身に弊害をもたらすことがあるそうです。みなさんはどうですか??鼻呼吸をするためのトレーニングなどもありますのでお気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせReservation

TOP