江坂の歯医者・歯科なら安岡デンタルオフィス

初診ご予約・ご相談専用

06-6310-4618

治療中・再診の方専用

06-6310-4618

[診療時間] 9:30-13:00 / 15:00-19:00 日曜・祝祭日休診

お役立ちコラム

blog

2015.05.26

麻酔

歯医者が苦手な方の中で麻酔が痛い、など恐怖心をお持ちの方も多いと思います。

歯科の麻酔にも種類があります。

①表面麻酔
麻酔薬を歯茎に塗って表面の感覚を麻痺させる方法です。
表面麻酔を行った後で注射をすると「痛みをとるための麻酔が痛い」がずいぶんと楽になります。
その他にも注射をするほどではないけれどまったく痛みが無いわけでもない、歯石のクリーニングや乳歯の抜歯などにも用いられます。

②浸潤麻酔
痛みをとりたい部分の歯肉に麻酔薬を注射する、いわゆる歯科の麻酔です。当院では麻酔液の温度や麻酔液を入れる速度、針を刺す速度に注意しておりますので、痛みなく麻酔をすることができます。

③伝達麻酔

下顎の奥歯は麻酔が比較的効きにくい場所です。そこでこの部分の治療を行う場合には浸潤麻酔に加えて伝達麻酔という方法を用いることがあります。脳から出た神経が下顎に向かう途中に麻酔薬を作用させることで、口唇や舌を含む広い範囲によく効く麻酔が得られるのです。麻酔効果が数時間続くので治療後の痛みが気にならなくなり、鎮痛薬の量を減らすことが出来るというメリットもあります。

麻酔が苦手な方でも当院で麻酔をすると、

もう麻酔したんですか?!

全然痛く無かったです!

などのお言葉をいただけます。

麻酔に対するイメージが少しでも
変わればなぁと日々思っております。

友附
image

pagetop