ブログ

世界のトップレベルの最先端の技術と
知識を学び、患者様のお役に立ちたい

除菌水エピオスウォーター

ブログ

2017.11.02
こんにちは。安岡デンタルオフィストリートメントコーディネーターの岡村です。今回はうがい薬についてお話をさせていただきます。日ごろカウンセリングをしていてよく患者様から「うがい薬って本当に意味があるの?」「殺菌効果の高いうがい薬はどれ?」など洗口剤に関するご質問を頂きます。たくさん種類があるし、市販のものと歯科医院のものってどのくらい効果が違うかなど疑問に思われている方も多いのではないでしょうか?そこで当院でお取り扱いしているうがい薬、エピオスウォーターをご紹介させていただきます。エピオスウォーターは、歯周病や虫歯の予防効果が大変高いことがわかっています。この高濃度エピオスウォーターが、従来のうがい薬と大きく違う点は、タンパク分解と消毒の2つができるところです。タンパク分解とは、歯の表面についたプラーク(細菌の集団。バイオフィルムともいいます)を分解して弱らせる効果のこと。従来のうがい薬には消毒作用はあるものの、プラークを分解して弱らせるタンパク分解効果はありませんでした。そのためせっかくの消毒作用がプラークの内部にまでは浸透せず、実はたいした効果はなかったのです。しかし、エピオスウォーターは、うがい薬としてお口に含んだ直後はタンパク分解効果が強く働きます。そして10秒くらい経つと今度は消毒作用が強くなる特徴があります。つまり最初にタンパク分解効果でプラークを弱らせた上で、消毒作用をプラークの内部にまで浸透させるので、従来のうがい薬に比べて殺菌効果が大変高いのです。また、エピオスは超純水と塩を用いて生成されるため、人体にはほとんど害を与えません。エピオスウォーターの成分である次亜塩素酸(HCLO)は人体由来の免疫成分であり、とても安全性が高いことで知られております。市販では販売されていないものですので、気になる方はぜひご相談ください。

ご予約・お問い合わせReservation

TOP