ブログ

世界のトップレベルの最先端の技術と
知識を学び、患者様のお役に立ちたい

開口

ブログ

2017.12.01

こんにちは、歯科衛生士 音地です(*^^*)

 

私自身、矯正治療を始めて1年が経過しました。

歯を動かす過程で、噛んだ時に

上下の前歯に隙間が開く「開口(かいこう)」

という状態になったので

ものが噛みきれなかったり

奥歯しか当たらないので不思議な感覚でした。

今はもう前歯でも噛める状態なのですが、

一定期間だけですが「開口」の患者様の状態が

身をもって体感出来たので、「開口」は

いかに奥歯に負担がかかっていて

いかに前歯の機能が大切なのか

患者様のお口の中の健康を保つためには

もっと お伝えしていかないといけないと感じました。

小児の患者様で指しゃぶりがやめられなかったり

鼻呼吸ではなく口呼吸の癖がある方は

将来的に「開口」になりやすいので要注意です!

 

成人の方は矯正治療で噛み合わせを変えるか

あるいは対症療法としてマウスピースを使用するか

どちらかになるかと思います。

 

 

噛めているから大丈夫、と思っていても

確実に顎の関節への負担や

歯自体への負担もありますので対処が必要です!

その他の噛み合わせについてのご相談も

お気軽にスタッフへお声かけ下さいませ。

 

 

 

ご予約・お問い合わせReservation

お急ぎの方は
こちら

9:30-13:00 / 15:00-19:00日曜・祝祭日休診

TOP