江坂の歯医者・歯科なら安岡デンタルオフィス

初診ご予約・ご相談専用

06-6310-4618

治療中・再診の方専用

06-6310-4618

[診療時間] 9:30-13:00 / 15:00-19:00 日曜・祝祭日休診

お役立ちコラム

blog

2014.10.31

酸蝕歯について

こんにちは、歯科衛生士の松下です。

みなさんは酸蝕歯という言葉をご存知ですか?

 虫歯でなくても、身近で口にする酸の食べ物や飲み物で歯が溶けてしまうことです。

酸が歯の表面のエナメル質を溶かしだして、歯のつやがなくなり、歯が薄くなったり、

すり減ったり、穴が開いてしまいます。

原因としては、胃酸の逆流(逆流性食道炎)や摂食障害による反復性嘔吐など内因性のものや

炭酸飲料、柑橘類、酢、ワインなど酸の強い物を毎日頻繁に摂取する習慣がある、外因性のもの

があります。

予防法としては、内因性のものは内科的疾患の治療が必要ですが

外因性の場合は酸蝕歯の原因となる酸の強い食べ物を知り、摂りかたに注意します。

酸性のものを口にしたら、その後すぐに水やお茶を飲む、うがいをする

酸性のものを口にしたら、30分は歯磨きを控える

フッ素入りの歯磨きジェルや洗口液を使う

などの予防方法があります。

酸蝕歯

pagetop