ブログ

世界のトップレベルの最先端の技術と
知識を学び、患者様のお役に立ちたい

酸性の強いものには注意…!

ブログ

2020.10.06

こんにちは。受付の木村です。

自分の歯をみたときになんか透けてるなぁ~と思ったことはありますか?
ある!と答えられた方
それ、歯が溶け始めているサインなんです!

酸蝕歯といわれるもので、虫歯や歯周病に続いて歯を失う原因の一つと言われています。体に良いといわれている酢やフルーツなど酸性が強いものを食べたり飲んだりすることにより起こります。歯のエナメル質は酸により柔らかくなり、この状態の時に強く歯ブラシをしたり硬いものを食べることでエナメル質が傷つき徐々にエナメル質が薄くなっていきます。他にも、歯の先がかけてしまったり痛みが出たりすることもあります。
エナメル質は唾液の働きにより自然に修復されることがありますが、一度虫歯になってしまったエナメル質は元には戻らないので注意しましょう。

酸蝕歯の予防法としては、
・酸性の強いものを食べた時には水でうがいをする
・炭酸飲料など酸の強い飲料を長時間口の中にためない
・間食の回数を減らす
・酸性の強いものを食べたら30分以上あけてから歯磨きする
などがあります。
食べるものや歯磨きの仕方などに気をつけて健康的な口腔内を手に入れましょう…!

ご予約・お問い合わせReservation

TOP