ブログ

世界のトップレベルの最先端の技術と
知識を学び、患者様のお役に立ちたい

花粉症と虫歯

ブログ

2017.05.16
こんにちは!受付の宮畑です!花粉症の方は口腔内にも注意が必要なことをみなさんはご存じでしょうか。冬が終わり、暖かくなってくると多くの方が苦しんでいる花粉症の時期に入ります。もうすでに花粉症に悩んでいる人もいるかと思います。花粉症の時期になると歯周病や虫歯が増えるということをご存じでしょうか?おいしそうなものを見たり、すっぱそうなものを見たりすると分泌される唾液、この唾液が虫歯や歯周病の予防に役立っているというのはご存知でしょうか?この唾液には抗菌や洗浄の機能があり、とても活躍しています。歯の再石灰化にも唾液は重要な存在です。その重要な存在の唾液が、花粉症の薬によって減ってしまうようです。全ての薬がそうとは言えませんが、花粉症治療薬や風邪薬などには唾液の分泌を低下させる成分が入っている場合があるようです。この成分によって唾液の分泌が減り、抗菌や洗浄が十分にされることが減り、歯周病や虫歯になってしまうリスクが増えるというわけです。唾液の分泌が減ると、口臭も酷くなりますので、薬を常に持っている方は、少し意識をしたほうが良いかもしれません。

ご予約・お問い合わせReservation

TOP