ブログ

世界のトップレベルの最先端の技術と
知識を学び、患者様のお役に立ちたい

歯性上顎洞炎

ブログ

2012.10.29
歯の表面から虫歯が進み、歯の神経が虫歯菌で死んでしまうと、虫歯菌はそのまま歯の神経を通り過ぎ、歯の根っこの先から外に出ていきます。上顎の奥歯においては、歯の根っこの先がすぐに上顎洞という副鼻腔のため、ばい菌が根っこの先から出てくるとすぐに上顎洞内に感染して、歯性上顎洞炎を引き起こしてしまいます。症状としては、原因歯の咬合痛・鈍痛、患側の鼻水、鼻づまり、頬部の圧痛などです。心当たりがある方は、当医院におこしください。歯科医師 長野

ご予約・お問い合わせReservation

TOP