ブログ

世界のトップレベルの最先端の技術と
知識を学び、患者様のお役に立ちたい

歯垢を放置すると…

ブログ

2017.06.22
こんにちは吹田市江坂の安岡デンタルオフィス歯科助手の中島です。歯垢は時間が経つと、唾液の中の成分によって『歯石』に変化してしまいます。歯石は石のように固くザラザラ、ボコボコとしているため、その部分に歯垢が付きやすくなります。付着した歯垢は歯磨きでは落としにくく、そのまま溜まり続け、発酵することで、口臭発生の原因になります。また、歯茎の中に歯石が溜まってしまうと「歯周病」になるリスクが高まります。歯茎が腫れて膿まで出てきてしまうと「歯槽膿漏」となり、膿が出ることによって更に口臭がきつくなります。このまま放置してしまうと骨が溶け、歯が完全に抜け落ちる最悪の状態も引き起こします。歯垢を甘く見ていると、口臭発生の原因だけでなく、最終的には大事な歯を失う要因にもなってしまいます。毎日のケアをおろそかにせず、しっかりとした対策が必要です!!

ご予約・お問い合わせReservation

TOP