ブログ

世界のトップレベルの最先端の技術と
知識を学び、患者様のお役に立ちたい

歯垢について

ブログ

2019.04.06

こんにちは!受付の宮畑です。みなさんは歯周病がどのような病気かご存知でしょうか。歯周病の直接的原因のほとんどがプラークつまり歯垢です。細菌が原因になって生じる炎症性疾患です。プラークが付着すると、その中で毒素が作り出され、そのうちに歯肉に入り込み炎症を起こします。そうするとその歯肉は腫れ出し、さらには歯根膜をも壊し、歯槽骨を崩壊しだします。そのまま放置すると、骨の喪失が進み歯が動揺し、やがて歯は脱落してしまいます。つまり歯周病の原因の多くの原因はプラークです。
それだけでなく噛み合わせが悪かったり歯ぎしりをするなど、特定の歯に余計な圧力がかかってしまうと歯と歯槽骨の間に隙間が出来てしまい、その隙間に細菌が侵入して歯周病になってしまうというケースもあります。末期になってしまうと歯を抜くことしか方法がなくなってしまいます。
歯周病は一度なってしまうと再発のしやすい病気です。歯周病になる前に予防するのが大切です。気になる方は一度歯医者さんでみてもらうとよいでしょう。

ご予約・お問い合わせReservation

TOP