江坂の歯医者・歯科なら安岡デンタルオフィス

初診ご予約・ご相談専用

06-6310-4618

治療中・再診の方専用

06-6310-4618

[診療時間] 9:30-13:00 / 15:00-19:00 日曜・祝祭日休診

お役立ちコラム

blog

2015.06.12

歯並びの悪さが体に与える影響

歯並びが悪いまま放置していると、一体どのようなことが起こるのでしょうか?

歯への影響(虫歯や歯周病のリスク)
プラーク
歯並びが悪いと、“歯と歯の間”や“歯と歯ぐきの隙間”に歯ブラシをきちんと当てることが難しく、磨き残しを作ってしまいます。時間が経つと磨き残しは、“プラーク”(歯垢)とよばれる細菌のかたまりになり、虫歯や歯周病の原因となります。

発音への影響
▲空隙歯列(隙っぱ)
“歯と歯の間”に隙間があると、空気が抜けて話しづらくなることがあります。また、ガタガタの歯並びであると、舌の動きが制限され、発音の悪さに影響がみられます。

咀嚼[そしゃく](噛むこと)への影響
▲噛み合わない歯並び
食べ物を前歯で噛み切ることや、奥歯でしっかりと噛んで飲み込むことができません。よく噛まずに飲み込むと、消化を助ける“唾液”が出ません。そうなると、食べ物のすべてを胃や腸で分解することになり、消化器官に負担をかけてしまいます。

あごへの影響
▲顎関節症による痛み
噛むときにあごにかかる力が均等に分散されず、あごの関節への負担が大きくなり、「口をスムーズに開けることができない」・「口を動かすと耳の辺りがカクカクと音がする」・「噛んだときに、あごの関節や周りの筋肉が痛む」などの症状が現れる“顎関節症”が引き起こされるリスクがあります。

顔への影響
▲上顎前突(出っ歯)
何本か歯が飛び出している出っ歯などの不正咬合がみられる場合に、口元にしまりがなくなり、見た目の美しさや印象に影響を与えます。

体への影響
歯並び・かみ合わせの悪さは、身体全体のバランスにも関係し、頭痛・腰痛・肩こり・めまいなどを誘発するおそれがあります。

心理への影響
口元が気になりコンプレックスを持ち、精神的に影響を与える場合があります。

このように、歯並びは私たちの体や心に大きな影響を与えます。
矯正治療によって歯並びを整え、噛み合わせをよくすることは、見た目の美しさを得るだけではなく、歯の寿命を伸ばすことや、体や心の健康を保つことへつながります。

中島

pagetop