ブログ

世界のトップレベルの最先端の技術と
知識を学び、患者様のお役に立ちたい

定期検診とメインテナンスの違い

ブログ

2020.05.13

こんにちは。翼翔会安岡デンタルオフィス歯科衛生士高松です。

緊急事態宣言が延長され感染者数は減少しているものの過ごしにくい日々をお送りではないでしょうか。
いち早く普段の生活に戻れるように願うばかりですね。

今回は定期検診とメインテナンスの違いについてお伝えします。

歯医者さんへは痛みが出てからという方が大半ではないでしょうか。

定期検診は虫歯ができていないか、治療するところはないか?を、調べるためにいくことです。

メインテナンスは治療がすべて終わりきれいになった状態でいくことです。

きれいになった状態なのになぜ、メインテナンスを受けなければいけないのか?

それは、ご自身のブラッシングには限界があるため、プロにより細かいところまで汚れをとってもらう必要があるためです。

メインテナンスを受けている人が90%いるスウェーデンと、2%しかいない日本人とでは、将来残っている歯の本数に大きく差がでるという、臨床結果もでています。

少しでも歯を残すために症状がなかったとしても定期的に検診やメインテナンスを受信しましょう!

ご予約・お問い合わせReservation

TOP