ブログ

世界のトップレベルの最先端の技術と
知識を学び、患者様のお役に立ちたい

妊婦さんと歯科

ブログ

2013.12.18

こんにちは、歯科衛生士、音地です。

 

妊婦さんは歯肉炎になりやすいと言われています。

これは、女性ホルモンが多きく関わっているといわれており

特にエストロゲンという女性ホルモンがある特定の

歯周病原細菌の増殖を促し、歯肉が腫れ、健康なお口の中であっても

炎症が起きやすくなります。

これらのホルモンは妊娠終期には月経時の10~30倍になります。

 

妊娠中には特に気をつけてプラークコントロールを行いましょう!

油断すると、出産後に本格的な歯周病に移行する場合もあります!

 

また、妊婦さんが歯周病に罹患している場合、

低体重児および、早産の危険度が高くなることも分かっています。

その危険率は7倍ともいわれており、

タバコやアルコール、高齢出産などよりもはるかに高いのです

 

歯周病は治療可能なだけでなく、予防も十分可能な疾患です。

生まれてくる元気な赤ちゃんのために、確実な歯周病予防を行いましょう!

effect_03b

ご予約・お問い合わせReservation

お急ぎの方は
こちら

9:30-13:00 / 15:00-19:00日曜・祝祭日休診

TOP