ブログ

世界のトップレベルの最先端の技術と
知識を学び、患者様のお役に立ちたい

夏は酸蝕症に注意!

ブログ

2016.07.01

imageこんにちは。

トリートメントコーディネーターの岡村です。

7月に入り気温も上がってきていよいよ夏がはじまるなーと感じています。

実は夏は歯に危険な季節なのです!

 

夏言えば、熱中症や熱風邪などが心配になりますが、実はお口の中にも発生しやすい病気があります。

それは、「酸蝕症(さんしょくしょう)」です。 「どうして夏になりやすいの?」と思われた方は注意してください。

酸蝕症は、毎日無意識に行っている習慣で発症してしまう病気だからです。 

酸蝕症は、お口の中が酸性に傾くことによって発症します。

歯のエナメル質というのは、酸に対してとても弱い性質を持っています。 それだけに、虫歯が産生する酸で、容易に溶けてしまうのです。

また、虫歯菌の酸以外でも、同様に酸性の強い飲み物であれば、歯は溶けてしまいます。具体的には、炭酸飲料やスポーツドリンクなどが、酸蝕症の主な原因となります。

その他、ワインや柑橘系のジュースなども歯を溶かす原因となりますので注意しましょう。

夏はこまめな水分補給が必要ですが、スポーツドリンクや炭酸飲料の摂取には気をつけて下さい。

 

 

 

ご予約・お問い合わせReservation

TOP