江坂の歯医者・歯科なら安岡デンタルオフィス

初診ご予約・ご相談専用

06-6310-4618

治療中・再診の方専用

06-6310-4618

[診療時間] 9:30-13:00 / 15:00-19:00 日曜・祝祭日休診

お役立ちコラム

blog

2015.07.06

型取りと寒天

こんにちは歯科助手の中島です。

実は、寒天は歯科医療の場でも使われています。歯並びの模型を作る際の材料に、寒天印象材という物があります。模型は、詰め物や被せ物を作る際に必要なもので、歯並びを再現するために歯形がとられます。その歯形をもとに詰め物や被せ物をつくります。

寒天印象材は細部の再現性に優れているといわれます。寒天印象材を使用する場合は、まず寒天印象材を流し込んでから、その上に粘土のような形状の冷たい材料で型取りをしていきます。

寒天印象材は原料が海藻であることから、万一飲み込んでしまっても心配ありません★

歯形がつくられたら、その後歯科用の石膏を流し込み、模型ができます。また、型取りの材料にはシリコン印象材という物もあります。変形が少なく再現力が高いもので、非常に高価な型取りの材料となります。こちらは主に保険適用外の詰め物、被せ物の型取りで使います。

pagetop