ブログ

世界のトップレベルの最先端の技術と
知識を学び、患者様のお役に立ちたい

不揃いな歯並びのデメリット

ブログ

2018.09.06

こんにちは。受付の長木です。
歯並びの悪さを気にされて矯正の相談でお越しいただく患者様が多くいます。不揃いな歯並びは見た目以外にも多くのデメリットがあります。
歯並びが悪いとブラッシングが困難な部分がでてきます。そういった場所は虫歯の温床になりやすいです。虫歯だけでなく、ブラッシングが困難な特定部分だけ歯周病が進行しやすくもなります。虫歯や歯周病のリスクが上がるということは歯の寿命が短くなるということです。
それだけでなく唾液の分泌量も減るそうです。歯並びが悪いと正常に噛めないため噛む回数が減ります。口の中の細菌を洗い流してくれる唾液の分泌量が減ると歯垢がたまり、これもまた虫歯や歯周病の原因になります。
噛む回数が少ないと消化が悪くなり消化器官に影響を及ぼし、顎の発達にも悪影響があると言われます。実際顎が痛いと来院され、歯並びが原因だと判明することもよくあります。肩こりや偏頭痛の原因にもなるそうです。
このように不揃いな歯並びには見た目だけでなく様々なデメリットがあります。歯並びを気にされている方は一度歯科医院で相談してみましょう。

ご予約・お問い合わせReservation

TOP