ブログ

世界のトップレベルの最先端の技術と
知識を学び、患者様のお役に立ちたい

下顎の親知らずの抜歯を進める理由

ブログ

2016.05.14
まっすぐに生え、上の歯とちゃんと噛んでいる機能している親知らずをわざわざ抜こうというのではありません。ただ、親知らずを残してしまったばかりに手前にある大切な歯まで虫歯や歯周病に侵される危険性がある場合は手前の歯を守るために抜歯をおすすめすることがあります。下顎親知らずの弊害歯の頭の部分はエナメル質という体の中でも一番固い層に覆われています。そしてそのエナメル質は、歯茎とも骨ともくっつきません。そのため、唾液にのって汚れが歯と歯の間に溜まり、磨くことが困難なために虫歯や歯周病になってしまうのです。半埋伏親知らずからの虫歯また、横向きに生えてしまうとどんどん手前の歯を押しながら生えようとするため、歯並びの乱れにもつながります。歯科助手 宮本・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大阪府吹田市や豊中市で噛み合わせ、歯周病治療で歯医者をお探しなら江坂駅徒歩2分の安岡デンタルオフィスへお問い合わせ下さい!大阪府吹田市豊津町2-11-1F安岡デンタルオフィス TEL 06-6310-4618(HP)https://www.yasuoka-dental.net/(FB)https://www.facebook.com/yasuoka.dental/・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご予約・お問い合わせReservation

お急ぎの方は
こちら

9:30-13:00 / 15:00-19:00日曜・祝祭日休診

TOP