ブログ

世界のトップレベルの最先端の技術と
知識を学び、患者様のお役に立ちたい

  • HOME
  • ブログ
  • フッ素について(赤ちゃんに使えるフッ素濃度)

フッ素について(赤ちゃんに使えるフッ素濃度)

ブログ

2017.03.13

皆さまこんにちは、歯科衛生士の森本です。

 

前回に引き続き、お子さんへのフッ素の使用についてお話致します。
今回は、赤ちゃんへ使えるフッ素についてのお話です。

皆さんは、3歳未満の赤ちゃんにフッ素入りの歯磨き粉が使えると思われますか?使えないと思われますか?

正解は「使える」です。ただし、3歳未満のお子さんや赤ちゃんは、うがいがしっかりできないため
研磨剤が含まないジェル状や泡状、液体(スプレー)など、研磨剤の入っていない歯磨き粉を使いましょう。
研磨剤や泡立ちの良いものは、お口の中に残りやすく、摂取量や摂取時間のコントロールがし辛くなるからです。

2歳までの赤ちゃんであれば、1日1回就寝前に使用出来れば十分です。
ただし、子供が誤って摂取しすぎないよう、以下の用量を基準に、大人の方の仕上げ磨きの時だけ使う様にしましょう。

● 歯の生え始め~2歳・・・濃度500ppmを赤ちゃんの爪の先程度の量(ジェル状は500ppm、泡状は1,000ppm、スプレー式は100ppmが目安)

フッ素濃度が100ppmであれば、ジェル状で5㎜程度を歯ブラシに着けて使用しましょう。

 

ご予約・お問い合わせReservation

TOP