ブログ

世界のトップレベルの最先端の技術と
知識を学び、患者様のお役に立ちたい

オリンピック

ブログ

2016.08.09
こんにちは!受付の宮畑です。今朝からオリンピックの話題でいっぱいですね♪金メダルおめでとうございます‼さて、1986年のロス五輪まで、日本ではオリンピック出場選手に対する歯科の組織的なケアは行なわれていませんでしたが、歯科トラブルによってベストパフォーマンスが出なかったと言う選手が大会後に20数名いたことが判明しました。それ以降、オリンピック特別強化指定選手は全員が内科・整形外科に加え歯科の定期健診を受けることになったといいます。また、さまざまな調査や研究が進み、運動と歯・咬み合わせに関する様々な関係がわかってきています。たとえば、ゲートボールの上手い高齢者が入れ歯を外すと下手になってしまうのは、歯がないと下顎が固定されず頭が動いて体の軸がぶれるからです。また、咬み合わせの力が弱いと動作に時間がかかり、咬み合わせの面積が広いと体のふらつきが少ないです。こうしたサイエンスに基づく研究は現在、2020年に開催されるオリンピック・パラリンピック東京大会に向けてさらにそのスピードを高めているようです!これからのオリンピックのニュースも見所たくさんあって楽しみですね♪symbol_olympic

ご予約・お問い合わせReservation

TOP