お役立ちエリア情報

世界のトップレベルの最先端の技術と
知識を学び、患者様のお役に立ちたい

迫力満点の象体験「オービィ大阪」|象の歯は人間とぜんぜん違うって知ってますか?

お役立ちエリア情報

2018.04.19
吹田市は、大阪府北部の北摂三島地域にある市です。吹田市には色々な施設がありますが、その中でもオービィ大阪は人気の施設の1つと言えます。その他にも、日本万国博覧会の開催地であるなど、魅力的な地域です。今回は、その中でも吹田市にある今人気の施設「オービィ大阪」について紹介するとともに、象の歯についても詳しく紹介していきます。

オービィ大阪の魅力とは?

オービィ大阪の魅力とは?

オービィ大阪は、地球のあらゆることをリアルに体感できるミュージアムです。エキシビジョンの種類も13種類あり、何度行っても楽しめる空間となっています。そんなたくさんの人たちが足を運ぶオービィ大阪ですが、魅力は大迫力の映像体験です。オービィ大阪には日本最大級の大きなスクリーンがあり、そこで自然界の迫力ある映像を楽しめます。また、見るだけではなく、体感できるエキシビジョンがあるのも魅力的です。オービィ大阪では、4Dシアターがあり、振動や風、水しぶきまで体感でき、まるで大自然にいるような感覚になれます。その他にも、地球のことを遊びながら学べる魅力もあります。オービィ大阪のエキシビジョンにはたくさんの知識が詰まっています。例えば、象の歯のことまで学べたり、野生動物の等身大図鑑を見られたりなど、他では体験することができないものがたくさんある点は魅力的と言えるでしょう。

大人気のワイルドジャーニーエレファンツ!

オービィ大阪には、ワイルドジャーニーエレファンツというエキシビジョンが存在していますが、ここでは時空移動装置に乗ることで中央アフリカへ瞬間移動することができます。スクリーンは360度あり、そこに大きな象たちがたくさん現れます。ワイルドジャーニーエレファンツでは、映像で見るだけではなく、体感することもできます。具体的には、象の歩く振動などが伝わってきたり、風や嵐を感じたりすることもできるのです。目と肌で体感できるエキシビジョンとなっているので、吹田市に訪れた際には一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか。ワイルドジャーニーエレファンツは、定員が40名となっており、所要時間15分です。時空移動装置に年齢制限などはありませんので、0歳の子供でも親御さんと一緒に楽しむことができます。施設はオービィ大阪の1階にあります。

オービィ大阪

〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY 内 オービィ大阪電話:06-6155-7299(受付:10:00~18:00)営業時間:10:00~21:00 (最終入館は19:00まで)定休日:なし   ホームページ:http://orbiosaka.com/

象の歯の本数や形は!?

オービィ大阪のワイルドジャーニーエレファンツでは、象のことについて学べますが、象の中でも意外と詳しく学べないのがお口の中です。象の顔や形を知っている方は多いかと思いますが、お口の中は知らない方が多いでしょう。ここでは、具体的に象の歯の本数や形について紹介します。象は体が大きいので、歯がたくさん生えていそうな感じがしますが、実は上下左右に1本ずつの合計4本しか生えていません。人間の歯が28本から32本あるのに対して、4本とはとても少ないですよね。しかし、わずか4本ではあるものの、実は1本1本がとても大きいため、草をすりつぶすために適した歯となっているのです。人間の歯と比べると、象の歯は比較的平らで四角形のような形をしています。

象の歯は6回生え変わる!?

象の歯は6回生え変わる!?

人間の歯は、乳歯が生え、続いて乳歯の下から永久歯が生えてくるのが特徴的です。何度も生え変わることはありませんが、象の場合は古い歯がすり減ることで、次に新しい歯が生えてきます。象の歯が生え変わる回数は決まっており、合計6回の生え変わりがあります。6回の生え変わりが終わると、新しい歯が生え変わることはありません。象の生え変わる歯には1つ1つ名前があり、1回目に生えてくるのが第1乳臼歯、2回目が第2乳臼歯、3回目が第3乳臼歯、4回目が第1乳大臼歯、5回目が第2大臼歯、そして最後の6回目が第3大臼歯です。このように6回の生え変わりがありますが、全て生え変わるのに約60年から80年程の時間がかかります。6回目の生え変わり以降は新しい歯が生えてきませんが、歯が生え変わらないと食べ物によってすり減り、十分にご飯を食べられなくなります。そのため、象は歯がなくなる頃に寿命がくるとされているのです。

野生の動物には虫歯がなく、飼われている動物には虫歯がある!?

動物は近年、人間に飼われることも増えています。多くの家庭や動物園などで愛されていますが、実は、飼われている動物は虫歯になる可能性もあると言われています。野生の動物が虫歯になることはないと言われていますが、なぜ飼われている動物は虫歯になってしまうのでしょうか?実は、野生の動物は食事をする時に加工をしたりしません。そのまま食べるので、食べ物が歯の表面を削ってくれます。加工をしない食べ物を食べることで歯磨き代わりになりますが、飼われている動物は加工されている食べ物を食べるので、歯を使わなくても食べられます。苦労せずに食べられることが、歯にとって逆効果となっているのです。ここ最近では、歯科医師が動物の歯の治療をしているニュースなどもたくさん出ています。

まとめ

今回は、大阪の吹田市にあるオービィ大阪と、その中でも有名なワイルドジャーニーエレファンツについて紹介しました。オービィ大阪は、子供たちが飽きないミュージアムとして年々来場者が増えています。また、象のお口の中についても説明しましたが、人間とは全く違う生え方や形だということがお分かりいただけたかと思いますし、動物もケアをしなければ虫歯になることが分かりました。当然、人間もケアが大切です。安岡デンタルオフィスでは、定期的な歯科検診から治療まであらゆることに対応していますので、お口の健康状態を守りたい人はぜひ一度立ち寄ってみてください。

 

ご予約・お問い合わせReservation

お急ぎの方は
こちら

9:30-13:00 / 15:00-19:30日曜・祝祭日休診

TOP