お役立ちエリア情報

世界のトップレベルの最先端の技術と
知識を学び、患者様のお役に立ちたい

神戸市の訪問診療|歯科医院に通えない人の歯科医院選び

お役立ちエリア情報

2017.09.01
高齢化が進んでいく日本は、これから多くの問題に直面しなくてはいけません。この問題は歯科診療においても他人事ではなく、ある重要な課題に向き合わなくてはいけない状況を生み出しています。それは、高齢化に伴い増加するであろう、寝たきりの方をはじめとした一般歯科診療での治療が困難な高齢者の方々の口腔ケアの問題です。寝たきりの方を問わず、誤嚥性肺炎などのリスクが高まる高齢者の方々は、歯科による定期的な口腔ケアがとても大切になります。それを解決する鍵となるのが、患者様の自宅を訪問して治療を行う「訪問診療」です。そこで今回は、今後の高齢化社会に求められるであろう「訪問診療」の重要性についてご紹介したいと思います。

神戸市の「在宅寝たきり者歯科診療事業」

神戸市の「在宅寝たきり者歯科診療事業」

寝たきりの方を中心に、高齢者は「誤嚥性肺炎」のリスクが高くなることがわかっています。「誤嚥性肺炎」とは、口のなかにいる雑菌が、食べ物や唾液などと一緒に肺に侵入してしまうことが原因で引き起こされる疾患です。この病気にかかるほとんどの方々が75歳以上の高齢者であり、特に寝たきりにより十分な口腔ケアが難しい方々がかかりやすい病気とされています。今後、もっとも増加するとされるこの問題に対処するために、神戸市では自宅訪問による歯科診療が受けられるよう「在宅寝たきり者歯科診療事業」を開始しました。これは、寝たきりなどの理由で通院が難しいとされる方々でも、歯科医師の訪問診療による口腔ケアが受けられるようにし、健康管理ができるようにすることが目的です。これにより、自宅に寝たきりのご家族がいる方や、通院が困難な方が自宅訪問による歯科診療を希望することで、歯科医師の適切な口腔ケアが受けられるようになったのです。この訪問歯科診療を申し込むためには、指定の「訪問歯科診療連絡票」に必要事項を記入し、神戸市歯科医師会が運営する歯科保健推進室に申し込む必要があります。また、このほかにもインターネットから神戸市歯科医師会のホームページにアクセスしていただくことで訪問歯科診療を申し込むことも可能です。この場合、先程の「訪問歯科診療連絡票」と同じものに必要事項を入力し、歯科保健推進室に送信する形で申し込めるようになっていますので、ご心配はいりません。神戸市在住の寝たきりの方がいるご家庭の方は、ぜひこの訪問診療事業を利用されると良いでしょう。

誤嚥性肺炎の危険性

寝たきりの方や高齢者の方々に多く発症する「誤嚥性肺炎」は、そのリスクの高さとともに症状に気づくことが難しい特徴があることから大きく注意が呼びかけられています。人は年齢を問わず、眠っているあいだに口のなかの唾液を誤嚥している可能性があります。しかし、誤嚥していても若く抵抗力が強い健康な人であれば、すぐ肺に影響することはなく、肺炎になるリスクはあまりありません。ところが菌などに対する抵抗力が落ちがちな高齢者の場合、寝ているあいだに肺に細菌が入り込んでしまうことにより、誤嚥性肺炎にかかりやすくなるのです。さらに人は高齢になるにつれ、気管に異物が入り込んでも反射によって咳き込むことによって吐き出すというごく当たり前のことが難しくなる傾向にあります。それにより肺に異物や雑菌が入り込んだままとなり、それが原因で「誤嚥性肺炎」になるというケースも非常に多いのです。また誤嚥による肺炎にかかっていたとしても、一見では肺炎と気づくことが難しい場合も多いとされています。そのため、少しでも普段と違う様子があることに気づいたら、早めに医療機関に受診することが誤嚥性肺炎の重症化を防ぐ鍵となります。

訪問歯科診療を利用する重要性

訪問歯科診療を利用する重要性

訪問診療は寝たきりの方だけにとって必要なものではありません。寝たきりではなくとも、何らかの理由で歯科医院に通院ができない事情を抱えている高齢者の方もおり、訪問診療はこれからさらに求められる診療となります。また高齢者は誤嚥性肺炎だけでなく、虫歯や歯周病のリスクも高い傾向にあります。虫歯や歯周病の症状が出ているにも関わらず、通院が難しいためにその症状を放置してしまうと、その後の食生活や口腔機能の低下に大きく影響します。それにより健康面や身体能力にまで影響してしまうことから、高齢者の歯を守り、健康を維持することが今の医療の課題にもなっています。そのためにも訪問診療の存在は重要であり、高齢で通院が難しいという状況でも、健康的で活力に満ちた生活を送れるようにするために訪問診療はなくてはいけません。よって当院でも、訪問診療を開始するべく新たに準備を始めております。今後、通院が難しいという患者様のお悩みの声にお答えできるよう、さらに努めてまいりたいと思います。

訪問歯科診療を行っている歯科医院を利用しよう

訪問診療を行っている歯科医院はまだ十分足りているとは言えず、まだ高齢者の増加にも追いついていない状況です。しかし、神戸市歯科医師会のように訪問診療事業を展開している各自治の医師会や、独自に訪問診療を行っている歯科は以前と比べ、確実に増えてきています。そのため通院が難しいために治療や口腔ケアを諦めずに、訪問診療を積極的に利用していきましょう。

 

ご予約・お問い合わせReservation

TOP