お役立ちエリア情報

世界のトップレベルの最先端の技術と
知識を学び、患者様のお役に立ちたい

吹田市の口腔ケアセンターで正しいお口のケアを学ぶ

お役立ちエリア情報

2017.10.01
いま、お口の健康を守ることの大切さが見直されています。お口のケアは、虫歯や歯周病といったお口の病気だけでなく、全身の病気の予防や健やかな出産にも関係していることがわかってきました。また、お口の健康は、クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)にも大きく影響してきます。障がいのある方や高齢者の方が、美味しく食べ、笑顔で話し、充実した生活を送るためには、お口が健康であることが大切だからです。お口の健康を守るために必要な、正しい口腔ケアの知識と習慣は、どこで教えてもらえばよいのでしょうか?吹田市の口腔ケアセンターで楽しく学ぶことができます。吹田市の口腔ケアセンターとはどんな施設なのか、さっそくご紹介しましょう。

吹田市の口腔ケアセンターってどんなところ?

吹田市の口腔ケアセンターってどんなところ?

吹田市の口腔ケアセンターは、阪急千里線の南千里駅からすぐ、千里ニュータウンプラザの4階にあります。住所:大阪府吹田市津雲台1丁目2番地1 千里ニュータウンプラザ4FTEL:06-6155-8020FAX:06-6873-3030吹田市にお住まいの方を対象に、子どもから大人まで、楽しく正しい口腔ケアを身に着けることができるよう、工夫を凝らした施設が準備されています。

情報コーナー

歯やお口の健康について、さまざまな情報を収集できるコーナーです。タッチパネルやWiiリモコンを使ったクイズやゲームを通して、楽しみながら口腔ケアに関する正しい知識を身に着けられます。歯や口についての絵本や書籍の閲覧、ビデオを使った学習で、年齢にかかわらず興味を持って学べるようになっています。また、講演会や各種教室の情報を、チラシやポスター、液晶モニターでお知らせしています。家族でさらに知識を深めるきっかけにしてみるのはいかがでしょうか。

歯とお口の健康デスク

歯科衛生士が常駐しており、歯とお口の健康について相談に乗ってくれます。虫歯や歯周病、歯みがきやフロス、お口の機能や発達について、介護における口腔ケアについて、気になることを気軽に相談してみましょう。また、歯とお口の健康デスクでは、口腔ケアセンターの機器を週替わりで体験できます。普段は触れることのできない機器や器具に触れるチャンスです。ぜひチャレンジしてみてください。

どんなことを教えてもらえるの?

正しい知識や生活習慣は、子どもの時にその基礎がつくられます。ですから、口腔ケアに関しても、小さいころからしっかり学んでおくことが、障がいの健康への近道といえるでしょう。吹田市の口腔ケアセンターでは、乳幼児、幼稚園児、小学生を対象とした学びの場を提供し、それぞれの必要にあった知識を身に着けてもらう工夫をしています。また、障がいのある方、介護をする方・受ける方それぞれに知識やサポートを得ていただけるようになっています。

赤ちゃんの歯の広場

生後4カ月から1歳までの乳児とその保護者が無料で参加できます。赤ちゃんの歯みがきはいつからどのように行えばよいのかなど、乳児の口腔ケアについての不安や質問に、歯科医師や歯科衛生士が答えます。

歯の学校

小学校三年生を対象にしたプログラムと、5歳児を対象にしたプログラムがあります。歯の模型を作ったり、実際の診療台を使って歯医者さん体験を行ったりと、いずれも子どもたちの記憶に残る、体験型の学習となっています。

お口の健康体操教室

お口が乾く、むせやすい、飲み込みにくい、といった心当たりのある方にお勧めです。歯科衛生士と音楽療法士が、楽しく口の周りの筋肉を鍛える「健口体操」で飲み込む機能の維持改善をお手伝いします。このほかにも、障がい者(児)のお口のケアとリハビリテーションについての講座や、高齢の方・要介護の方に関する口腔ケアの悩みに、歯科医師が個別に答える無料相談窓口があります。また、介護現場で働く人を対象にした口腔ケア実践講座も開かれています。

こんな場合、正しい口腔ケアの方法は?

こんな場合、正しい口腔ケアの方法は?

高齢者の口腔ケアを行う時には、安全のためにも正しい方法で行うことが大切です。次のような場合、どのようにケアするのが正しいのでしょうか?

歯がグラグラしている

歯みがきの際は、歯ブラシの毛先でそっと磨くようにし、力を入れすぎないようにしましょう。歯を抜こうとするのはNGです。

口をあけられない、あけようとしない

無理強いするのはNGです。口角を左右に引っ張ると上下の唇の間にすき間ができます。そのすき間から歯ブラシやガーゼなどを入れ、歯の表側を清掃することができます。裏側は無理せず、できる範囲で行いましょう。指を噛まれてしまわないよう注意が必要です。

口腔ケアにも2種類あるって本当?

口腔ケアには、自分で毎日自宅で行うセルフケア、そして歯科医院を訪れて歯科医師や歯科衛生士に施術してもらうプロフェッショナルケアの2種類があり、どちらも非常に大切です。口腔ケアのために歯科医院を受診するという考えになじみがない人もいらっしゃるでしょう。歯科医院は歯が痛くなったら行くところ、というイメージがあるからです。しかしこれからは、トラブル予防のため定期的なケアを受けに歯科医院に行くことが、いつまでもお口の健康を保つためのポイントとなります。この、予防のためのプロフェッショナルケアのスペシャリストともいえるのが「予防歯科」。当院の予防歯科では、お口のトラブルを徹底的に予防するため、レントゲン検査や唾液検査、定期的なクリーニングを行います。また、食事や歯みがきについての指導も受けられるため、セルフケアの向上にもつながります。吹田市にお住まいの方は、吹田市の口腔ケアセンターを訪れ、口腔ケアの正しい知識と習慣を身に着けてみられるのはいかがでしょうか。子どもから大人まで、自分に合ったセルフケアの方法が学べる楽しい施設です。同時に、予防歯科を定期的に訪れ、プロフェッショナルケアを受けることも忘れないようにしましょう。この口腔ケアの両車輪で、笑顔で美味しく食べられる健康な生活をいつまでも楽しんでください。

 

ご予約・お問い合わせReservation

TOP